リハビリ専門学校の強み

病院や介護施設などに所属し、患者や通院者のリハビリテーションを担当することになるのが「理学療法士」という仕事です。 理学療法士は主に「日常生活」への復帰を目指したリハビリテーションを行っていくことになります。 その為には、理学療法士同士の連携は勿論のこと、医師や看護師、その他のコメディカルの人たちとのつながりも欠かすことが出来ません。 現代の高度な医学は、多くの専門家達同士の繋がりによって実現されているものです。

さて、それでは理学療法士になるためには、どのような方法があるのでしょうか。 理学療法士になるには理学療法士国家資格の取得が必要となります。 そして、この理学療法士国家資格を取得するためには、特定の学校を卒業し、受験資格を得なければなりません。この時、 選択できる学校には大きく3つの種類があります。 1つは「大学」です。 大学の中でも、理学療法士過程を持っている大学で当該の科目を履修しなければなりません。

この場合、学士の資格を得ることができ、かつ大学院に進む事もできます。 次に「4年制専門学校」があります。 こちらは卒業することで、学士と同様に大学院に進むことができる高度専門士の資格を取得することができます。 まだ新しい仕組みです。 最後に「3年制専門学校」があります。 こちらは、専門士の資格を取得できる方法となります。 ここからは、4年制および3年制のリハビリ専門学校について、より詳しい内容を紹介します。



□特選サイト
理学療法士になるために歴史ある専門学校を紹介しています。 >>> 理学療法士